エルジェ(本名:ジョルジュ・レミ)1907-1983

ブリュッセル生まれ。少年時代はボーイ・スカウトに傾倒し、その頃よりドローイングを開始するが1923年より本格的に「ベルギー・ボーイスカウト」誌に作品を発表しはじめる。1928年に新聞の若者向けウィークリー増刊号「プチ20世紀」のチーフ・エディターとなり1929年には自作の「タンタン、ソビエトへ」が同紙に掲載。またたく間に人々の人気を博した。それ以後、タンタンとスノーウィをコンゴ、アメリカ、中国、はたまた月まで送り続け、世界中を駆け巡る24話のタンタン冒険シリーズを我々に残している。ヨーロッパ・コミックの父と称される彼の作品は、今日においても様々なアーティストに影響を与え続けている。
   
1907 5月22日、ベルギー(ブリュッセル)にてジョルジュ・レミ生まれる。
 
1920 ブリュッセルにあるセント・ボニファス校に学ぶが、彼にとっては退屈な日々であった。
 
1921 高校でボーイスカウトに入団。そこで「CURIOUS FOX」というあだ名を付けられるほどの好奇心旺盛ぶりを発揮。彼のイラストが初めて高校のボーイスカウト紙「JAMAIS ASSEZ」に掲載され、その後1923年にはベルギーのボーイスカウト誌「LE BOY-SCOUT BELGE」に登場。
1924 この時点から、ジョルジュ・レミは、自分の頭文字<RG(仏語読み)>からとったエルジェというペンネームで自分の絵にサインをするようになる。
 
1925 学校教育を修了し、「LE VINGTIEME SIECLE」という新聞社の予約購読部に入社。
 
1926 「LE VINGTIEME SIECLE」誌において、タンタンの前身であるパトロール隊長「トトール」を製作。
 
1927 兵役義務に就く。
 
1928 除隊し、ブリュッセルへ戻る。「LE VINGTIEME SIECLE」紙の週刊子供向け付録紙「LE PETIT VINGTIEME」の編集長に任命される。初回発行は11月1日。
 
1929 1月10日、タンタン&スノーウィが「LE PETIT VINGTIEME」紙にて誕生。
 
1930 彼の描いたブリュッセルのいたずらっこ「クックとプッケ」が「LE PETIT VINGTIEME」紙においてショートストーリーで登場。初めてのタンタンの絵本として「TINTIN REPORTER,IN THE LAND OF THE SOVIETS(タンタン、ソビエトへ)」が出版される。

タンタンとスノーウィが最初の任務の地ソビエトから帰国し、ブリュッセルの北駅に降り立ち多くの群衆に歓迎される。
1932 「LE PETIT VINGTIEME」紙の編集者の秘書であったジャーメイン・キケンズと結婚。