エルジェ(本名:ジョルジュ・レミ)1907-1983

ブリュッセル生まれ。少年時代はボーイ・スカウトに傾倒し、その頃よりドローイングを開始するが1923年より本格的に「ベルギー・ボーイスカウト」誌に作品を発表しはじめる。1928年に新聞の若者向けウィークリー増刊号「プチ20世紀」のチーフ・エディターとなり1929年には自作の「タンタン、ソビエトへ」が同紙に掲載。またたく間に人々の人気を博した。それ以後、タンタンとスノーウィをコンゴ、アメリカ、中国、はたまた月まで送り続け、世界中を駆け巡る24話のタンタン冒険シリーズを我々に残している。ヨーロッパ・コミックの父と称される彼の作品は、今日においても様々なアーティストに影響を与え続けている。


世界的著名人に崇高されている「タンタン」




 
↑アンディ・ウォーホールの描いた、作者エルジェのポートレイトの一部です

●アンディ・ウォーホール
(アーチスト/アメリカン・ポップアートの先駆者のひとり。エルジェのポートレイトを制作した)
 →「エルジェはディズニーと同じくらい私の仕事に影響を与えた」
  「エルジェは政治かつ風刺の広がりをもっていた」
●シャルル・ド・ゴール(元フランス大統領)
 →「これで私のライバルはタンタンだけだ」〜大統領選挙を勝ち抜いた際の演説中に〜
●スティーブン・スピルバーグ(映画監督)
 →25年前に、エルジェとの直接交渉で念願の映画化権を取得。
  エルジェの死後粘り強く交渉を続け、2009年1月、3部作の初回作をクランクイン。
●ジョージ・ルーカス(映画監督)
 →「インディ・ジョーンズはタンタンの冒険物語をコンセプトにしている」
 〜映画製作発表記者会見で〜