「カスタフィオーレ夫人の宝石」では、このシリーズに登場するすべてのキャラクターがムーランサール城に集結し、そのドアの向こうで展開される真のクラシック・コメディを描いています。
エルジェの冒険物語のジャンルに決然と背を向けた作品であり、ここで彼は人間同士のコミュニケーションの難しさの描写に専心しています。
コメディの重要な効果である誤解やしっぺ返しなどが満載のアンチ・アドベンチャー作品です。
 
↓本の表紙絵をクリック!
この本の日本語版のお求めはこちらで!