新聞記者として世界中を駆け回り、数々の難題を解決してきた正義の味方タンタンがなんと指名手配されてしまった!
その首には懸賞金がかけられ、こともあろうにスパイの容疑、さらには殺人未遂容疑まで・・・。
1931年、満州事変当時の上海。
アヘン追放運動秘密結社のワン・チェンイーに組織撲滅の助けを求められ、アヘン密売組織に立ち向かうタンタン。その結末はいかに?
ここでタンタンは生涯の友となる中国人少年チャンと出会います。
チャンはエルジェの実在する友人で、この「青い蓮」の制作を進める上で、エルジェの手助けをしてくれた親友です。
 
↓本の表紙絵をクリック!
 
タンタンの親友チャンの初登場はP43。
この本の日本語版のお求めはこちらで!